驚異の新幹線半額!JR東日本の「お先にトクだ値スペシャル」について調べてみました

トラベルニュース

日本のみなさん、こんにちは。いかがお過ごしでしょうか?

私は順調にステイホームな引きこもり生活を満喫しながらも、そろそろ外出したいな、でもやっぱり危ないかなー、と安全と経済のバランスに戸惑っている毎日でございます。

そんな中、JR東日本の新幹線代が半額になるという噂を聞きつけました。なんですって?なんですと?なにかしら?どういうことかしら?色々な疑問形が頭の中をよぎりましたので、まずはなにより調べてみることにしました。(2020年8月13日時点のリサーチなので、将来的に変更になるかもなのでそこんとこよろしくお願いします)

新幹線代が50%オフの正体、その名も「お先にトクだ値スペシャル」

さっそくJR東日本の公式サイトを色々調べてみたところ、ありました。えきねっと限定の割引きっぷ、その名も「お先にトクだ値スペシャル」といいます。特徴を調べてみたところ、だいたいこんんな感じみたいです。

  • 申し込みはネット限定
  • 期間はお盆明けからなんと来年の3月末まで
  • 新幹線だけじゃない特急列車も使える

フムフムなるほど。

申し込みはネット限定

サービスの正式名称は「お先にトクだ値スペシャル(乗車券つき)」というようで、JR東日本が運営するえきねっとのサービスです。えきねっとでだけ提供しているサービスだからネット限定と。

20日前の午前の1時40分までに申し込めるとのことで、早めに買うことで安くなる、いわゆる早割系のサービスなんですね。

えきねっと会員限定、列車席数区間限定だそうです。

えきねっと会員限定というのは、えきねっとで会員登録してくださいねということです。
申し込むときにいろいろな情報入れるので、会員登録は当たり前な感じでしょうか。

会員登録はこちらでできます。

えきねっと(JR東日本)|会員登録のご案内
えきねっとの会員登録についてご案内します。えきねっとに会員登録すると、JR券予約申込などをご利用になれるほか、各サービスのご利用でえきねっとポイントが貯まります。

列車席数区間限定とのことですが、たとえば上越新幹線だと、東京 or 上野 or 大宮から上毛高原 or 新潟で利用できるようです。逆に言うと、東京から大宮や途中の駅(高崎駅など)では利用できないということ。ある程度の遠距離限定らしいので長旅などで活用できるキャンペーンですね。

また、普通車の指定席が対象のようで、残念ながら全席自由席の新幹線では使えないみたいです。

サービス開始は8月20日から

期間は2020年8月20日から2021年の3月31日まで。お盆明けから来年の3月末までということですね。私がこのサービスに気がついた今日(8/13)時点で、すでにお盆休み中の利用は絶望的なので、これを読んでいるみなさんにとって、スタートはあまり気にならないかと。それより来年の3月末までというのが嬉しいですね。コロナの状況を見極めながら、20日後の様子を見て活用できるといいですね。

特急列車でも使えます

使える新幹線はJR東日本の全方位。こちらの新幹線で使えます。

  • 東北・北海道新幹線
  • 山形新幹線
  • 秋田新幹線
  • 上越新幹線
  • 北陸新幹線

先程のとおり、近距離間では使えませんが、対応している区間なら往復どちらでも使えそうですの、行きは半額帰りは普通、みたいなことはなさそうですので、ご安心を。

加えて、在来線のこちらの特急列車でも使えるみたいです。

  • 常磐線 ひたち
  • 中央線 あずさ
  • 中央線 かいじ
  • 外房線 わかしお・新宿わかしお
  • 内房線 さざなみ・新宿さざなみ
  • 総武本線 しおさい
  • 羽超本線 いなほ
  • 奥羽本線 つがる
  • JR・東武直通特急 日光・きぬがわ・スペーシアきぬがわ

例えば、中央線 かいじだと、東京or新宿から甲府or竜王なので、東京都から山梨県までひとっ飛びで利用できるようです。

シミュレーションしてみます

例えば、東京駅から新潟駅までの普通指定席の料金は、

運賃5,720円+指定席5,240円=10,960円ですが、

こちらの料金表を見ると

https://www.eki-net.com/top/tokudane/pdf/ic_price/osakini_sp_toki_tanigawa.pdf

運賃2,860円+指定席2,420円=5,280円

になるようです。往復で考えると1万円近くオトクになるので、旅先で贅沢なディナーが食べれるか、新潟のお米が20kgぐらい買って帰れそうですね。
私だったらディナーかな。。

注意事項がございます

購入にあたっていくつか注意事項があるみたいです。

  • 事前購入は20日前だけど、21日前ぐらいに思っておいたほうがいいかも。
  • 払い戻しはインターネットだけで、ご乗車日の出発時刻4分前まで、かつ22時54分まで
  • 乗り遅れた場合、料金券部分は無効に。乗車券は当日まで使えます。
  • 2020年3月14日乗車分以降は「新幹線eチケットサービス」で

事前購入はさきほどの通り、20日前が基本のようですが、その日にシステムメンテナンスが入っているとアウトのようです。
システムメンテナンスなんていつあるかわからないので、確実に申し込みたいのであれば21日前と考えておくのが無難かな。

払い戻しはインターネットだけでできます。駅の窓口に行っても対応してくれないみたいなので、スマホのバッテリーは常にバッチリにしておきましょう。
4分前でしかも22時54分だとのことなので、深夜に乗る人は、時間も気をつけて。

払い戻しはあんまりないと思いますけど、切ないのは乗り遅れ。乗り遅れてせっかくの割引が台無しになっても悲しいので、ジュースとお弁当を買う時間をしっかり計画に入れて起きましょうね。
乗車券は当日中は使えるみたいなので、

半分 + 半分の半分 = 75%ぐらい

が無駄になる感じです。(新潟への新幹線だったら、2,420円が無駄になって、5,240円払わないといけなくなる感じなので、合計で7,660円余計に払う感じ)

申し込みページはこちらになります。

えきねっと(JR東日本)|えきねっとトクだ値>お先にトクだ値スペシャル(乗車券つき)
えきねっと限定割引きっぷ「えきねっとトクだ値」。運賃・料金が約50%割引でご利用いただける「お先にトクだ値スペシャル」を期間限定で設定中。新幹線・JR特急列車のきっぷ予約は「えきねっと」で。

ただ、2020年3月14日以降は新幹線eチケットサービスという別の場所で申し込むみたいなのでご注意を。

おしまい

ということで、色々調べてみたところ、やっぱりだいぶオトクなサービスだということがわかりました。
引き続きコロナを気をつけながら、安全なタイミングを狙ってJR東日本を活用してみてはいかがでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました